ブログ感染症対策について

いますぐできる!感染症対策の豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

便座のフタは閉めましょう

用を足した後にトイレのフタを閉めないで水を流すと、ふん便に含まれるノロウイルスなどが空中に拡散し、細菌感染する可能性が高くなることが判明しました。

トイレの便座の上空25.4cmまで微生物が飛散し、90分間も空中に浮遊していることがわかりました。

ズボンの裾は引きずらない

長い裾は、床に飛散したウイルスが付着する恐れがあります。

ウイルスが付着したズボンは、ウイルスを他の部屋へ持ち込んでしまう恐れがあり、足もとから感染が広がる可能性がある事も忘れずに行動してくださいね。

伸びっぱなしの爪には細菌がいっぱい!

みなさんは今、どのくらい爪が伸びていますか?

お洒落のために長く伸ばしていたり、特に意識せずにただ伸びっぱなしの方はいませんか?

実は、爪が長いほど細菌数が増えてしまうことが保健所の調べでわかりました。

爪の長さが0.5mmの場合と3.0mmの場合とでは、細菌の数が243倍も多いのです!

長い爪は放置せず、常に短く保っておくことが大切です。

食品を扱ったり、調理を担当する人は特に注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/18

【防災】学校や福祉施設の集団感染対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

毎年9月1日は「防災の日」です。

各地で防災について考える機会やイベントも多いですね。

まさに現在、今年最強と言われる大型台風21号も上陸する見込みです。

地震や台風の自然災害について改めて認識を深めて、備えについて考えましょう。

 

集団感染に備えよう!

特に、学校や福祉施設は福祉避難所になりますので、

災害時には感染症の拡大リスクが高まります。

 

「災害後に問題となる感染症と発症時期」について下記のグラフを参考にしてください。

出典:日本環境感染学会 大大規模自自然災害の被災地における感染制御マネージメントの⼿⼿引 アドホック委員会 被災地における感染対策に関する検討委員会報告より

 

 

集団感染を防ぐためには、

感染症に「自分がかからない」こと、

万が一かかってしまったら「他人にうつさない」ことが大切です。

 

そのためにまず出来ることは「手洗い」です。

この機会に手洗いの正しい方法を再度確認しましょう。

 

 

上に添付した手洗いマニュアルのPDF版をご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/04

お弁当の食中毒対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夏は、お弁当が傷みやすい季節です。

食中毒にならないために、お弁当の基本の食中毒対策をご紹介いたします。

 

 

■素手はNG

ごはんやおかずには素手で触れないようにしましょう。

手から移った細菌が、時間とともに増殖します。

おにぎりは素手で握らずに、ラップを使うと衛生的です。

 

■水気を切る

お弁当に水分は大敵です。おかずの汁気はよく切ってから詰めましょう。

特に、「おひたし」は水分を絞ったつもりでも汁気が残っていることがあります。

それを防ぐために、鰹節をかけると水分を吸収してくれます。

 

■冷やした物は再加熱

作り置きのおかずを詰めるときは、冷蔵庫に保存した物を使い、詰める前には必ず火を通しましょう。(レンジ可)

 

■冷めてからフタをする

ごはん、おかずはよく冷ましてからフタをしましょう。

温かいままお弁当に詰めてしまうと、水蒸気がお弁当箱の中に充満し、それだけ水分が多くなってしまいます。

 

 

お弁当の栄養や彩りをいくら気にしても、食中毒になってしまっては大変です。

これらの食中毒対策を行い、安全に美味しく楽しいお弁当にしましょう。

 

2018/08/08

【食中毒対策】爪が長いほど、細菌数が◯◯倍!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

連日、猛烈な暑さが続いていますね。

熱中症対策にも厳重な警戒が必要ですが、

同時に食中毒対策にも警戒が必要です!

 

今回は誰でも簡単にできる、身近な食中毒対策をご紹介致します。

 

伸びっぱなしの爪には細菌がいっぱい!

 

みなさんは今、どのくらい爪が伸びていますか?

お洒落のために長く伸ばしていたり、特に意識せずにただ伸びっぱなしの方はいませんか?

実は、爪が長いほど細菌数が増えてしまうことが保健所の調べでわかりました。

爪の長さが0.5mmの場合と3.0mmの場合とでは、細菌の数が243倍も多いのです!

長い爪は放置せず、常に短く保っておくことが大切です。

食品を扱ったり、調理を担当する人は特に注意しましょう。

 

細菌やウイルスは手を介して口に入る事が多いので、手は出来る限り清潔を保ちたいですね。

手を何度も洗うのは大変なので、ジェスパを使って感染対策をしましょう◎

赤ちゃんから高齢の方まで、幅広くご利用頂けます!

 

※該当するページがありません。

2018/07/17

バス遠足や旅行のお供に【嘔吐物処理剤 にこにこパウダー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東京の桜も見頃を迎え、いよいよ行楽シーズンです!

バス旅行や遠足など、車に長時間乗るとき、心配なことがありますね…。

・・・そうです、「車酔い」です!

もしも車酔いをしてしまい、車内で吐いてしまったら。

そんなとき慌てずに使えるのが「嘔吐物処理剤 にこにこパウダー」です!

 

 

にこにこパウダーを嘔吐物にふりかければ…

 

●素早く固まり、片付けやすい!

 →簡単に片付けられるので、処理者の負担が軽減します。

 

●悪臭を抑え、ニオイが広がらない!

 →車内にニオイが残ることによる嘔吐の連鎖を防ぎます。

 

●ノロウイルスや多くの菌に有効!

 →EPA登録の除菌剤が配合されています。二次感染対策に最適!

幼稚園の遠足   小学校の林間学校

中学校の修学旅行   高校の部活合宿

老人ホームのバス旅行   障がい者施設のバス旅行

日帰り・宿泊 観光バスツアー  etc...

 

バスの車内に備えておけば、万が一の時にも安心・安全に処理できますね!

添乗する看護師(ツアーナース、トラベルヘルパー)の方も嬉しい、便利なアイテムです!

詳しくは下記バナーから商品詳細をご確認下さい♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/27

身近なコトから感染対策!【便座のフタ】【ズボンの裾】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

3月も中旬を過ぎましたが、ノロウイルスやインフルエンザによるウイルス感染のニュースが絶えません。

 

<ノロウイルス感染>

■2018.03.21神奈川県(幼稚園)

 園児23人と20代の女性教諭が嘔吐や発熱などの症状

 

<インフルエンザ感染>

■2018.03.18   北海道(病院)

 入院患者23人と職員8人が感染し、男女4人が死亡

■2018.03.21  群馬県(病院)

 入院患者19人と、10~50代の職員5人の計24人が発症

 

そこで今回は、意外と知らない「身近な方法」による感染対策をご紹介致します!

便座のフタは閉めましょう

用を足した後にトイレのフタを閉めないで水を流すと、ふん便に含まれるノロウイルスなどが空中に拡散し、細菌感染する可能性が高くなることが判明しました。

トイレの便座の上空25.4cmまで微生物が飛散し、90分間も空中に浮遊していることがわかりました。

ズボンの裾は引きずらない

長い裾は、床に飛散したウイルスが付着する恐れがあります。

ウイルスが付着したズボンは、ウイルスを他の部屋へ持ち込んでしまう恐れがあり、足もとから感染が広がる可能性がある事も忘れずに行動してくださいね。

 

 

手洗い・うがい・除菌剤を使う事に加えて、これらの身近な対策も取り入れて、感染対策をより強化していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/22