ブログニュース

手足口病5年ぶり警報レベル 大阪府

ニュース

手足口病 大阪府

大阪府で2024年6月、5年ぶりに手足口病の警報が発令されました。

この感染症は、主に5歳以下の子供に多く発生し、手のひらや足の裏、口の中に水疱ができるのが特徴です。

発熱や食欲不振を伴うこともあり、感染力が非常に強いため、特に幼稚園や保育園などでの集団感染が懸念されます。

大阪府だけでなく、近隣の奈良県や京都市でも警報を発令

手足口病の基本情報

手足口病はエンテロウイルス属のウイルス、主にコクサッキーウイルスA16型とエンテロウイルス71型によって引き起こされます。

感染経路は主に接触感染と飛沫感染で、感染力が強く、保育園や幼稚園などで集団発生することが多いです。症状としては、発熱、喉の痛み、手足や口の中に痛みを伴う発疹が現れます。

また、エンテロウイルスはアルコール消毒に対して効果が限定的です。エンテロウイルスは非エンベロープウイルスであり、アルコール消毒(例えば70%エタノール)のような脂質膜を標的とする消毒剤では効果が十分ではないことが知られています。

手足口病は糞口感染を通じて広がることがあります。

糞口感染は、感染者の便に含まれるウイルスが手や物を介して口に入ることで感染が広がる経路です。

これは特に幼児や乳児が集団生活をする保育園や幼稚園などで問題となりやすいです。

そのため、おむつ交換台やトイレ個室内などもジェスパをご活用下さい。

 令和6年第22週(5月27日から6月2日)の1週間に報告された大阪府内における手足口病の定点あたりの患者報告数は「6.11」となり、2019年以来となる警報レベルの「5」を超え、例年よりも早く流行しています。

<大阪府発表資料>

全国の状況 第21週(5/20~5/26)

国立感染症研究所から第21週(5/20~5/26)データの状況を感染状況の多い、都道府県を抜粋。

全国数値のため、各自治体が公表する数値よりも1週間程度遅れています。

都道府県 報告数 定点あたり報告数
1 群馬県 456 8.77
2 福井県 202 8.08
3 大分県 270 7.5
4 鹿児島県 360 7.06
5 愛媛県 259 7
6 奈良県 207 6.09
7 高知県 132 5.28
8 大阪府 849 4.35
9 石川県 126 4.34
10 山梨県 95 3.96

今年は、流行時期が少し早いようですので、流行地域ではお気をつけ下さい。

2024/06/10

大分県 ノロウイルス食中毒特別注意報

ニュース

6年ぶりに発令

県内で、感染症胃腸炎の患者が増加し、ノロウイルスの食中毒が発生しやすくなるということで、5月29日に6年ぶりに「ノロウイルス食中毒特別注意報」を発令しました。

発令期間は6月末までという事です。

この時期に、ノロウイルスによる注意報が発令されることは珍しいのではないでしょうか。

調理従事者の方は、自身の体調に気を配り、嘔吐や下痢などの症状があればノロウイルスを疑うことも必要でしょう。

トイレに行く際には、調理着や履物などにも気を配り、厨房に入る際にはジェスパをご活用下さい。

また、エンテロウイルスによる、手足口病も地域によって流行しております。

ノロウイルス同様、糞口感染の可能性がありますので、おむつ交換台やトイレ個室内など

ジェスパをご活用下さい。

2024/06/02

インフルエンザ 今シーズン最多の患者数

ニュース

23道県で警報レベル

11月26日までの1週間で報告されたインフルエンザの患者数は、13万9924人

1医療機関あたりでは、28.30人となりました。

インフルエンザの警報レベルは、30.00人であるため警報値に近づいています。

都道府県別では、

▽北海道が51.9人
▽長野県が51.83人
▽佐賀県が49.67人
▽宮城県が43.78人
▽長崎県が43.67人
▽福岡県が41.44人 

と上位を占めており、各地域では学級閉鎖や学校閉鎖が発生しています。

患者数は子どもが多いようですが、今後家庭内感染などにより

大人へ拡がることも想定しておいたほうがいいでしょう。

ノロウイルスによる感染症胃腸炎

また、11月よりノロウイルスによる感染症胃腸炎のニュースも確認されています。

佐賀県福祉施設62名 

福岡県宗像市保育施設68名 

北九州市保育園25名 

福岡市保育施設56名 

盛岡市保育施設30名 

宇都宮市飲食店10名 

福岡市保育施設32名 

高知市飲食店12名 

保育施設を中心に11月から集団感染が確認されています。

この時期は、嘔吐物や糞便にはノロウイルスなどの感染症ウイルスが、存在すると想定して処理することが望ましいと思います。

二次感染防止には嘔吐物や糞便処理が重要です。

ジェスパを活用して二次感染防止にお役立て下さい。

2023/12/05

プール熱(咽頭結膜熱)の患者増、過去10年の最多更新

ニュース

過去10年最多患者数

10月31日公表された数字では、咽頭結膜熱いわゆるプール熱の患者数が、過去10年最多となった。

プール熱とは、流行時期が夏場でプールで感染することからプール熱と呼ばれているもので、飛沫感染、接触感染によって

拡大します。

基本的に流行期は夏場ですが、1年中確認される感染症です。

アデノウイルスが原因で、のどの炎症咽頭痛 目が腫れる結膜炎などが代表的で、発熱や一般的な風邪の諸症状も現れることもあります。

警報基準を超えた都道府県

沖縄(6.9人)、福岡(6.33人)、奈良(5.47人)、佐賀(4.0人)、大阪(3.58人)、京都(3.18人)、三重(3.07人)で警報基準(3.0人)

9月にも確認された大阪が現在も継続中です。

夏を過ぎて流行し、過去最多を記録していることから今後も全国的に拡がる可能性があります。

警報基準に達していない地域も注意が必要です。

症状が収まった後も注意

症状が収まっても、目やのどから2週間、糞便からは4週間ウイルスが排出されると言われています。

特に、保育所で乳幼児は唾液などが付着したおもちゃや、手指等から感染することも考えられます。

また、糞便の処理をするおむつ交換台やその周辺にウイルスが付着する可能性があるため、

ジェスパを活用し感染防止にお役立て下さい。

今後はノロウイルスにもご注意

そして、10月30日のニュースで千葉県の保育所において、ノロウイルスが原因の感染症胃腸炎が確認されました。

園児と職員合わせて88名の集団感染です。

季節的にも今後はノロウイルスにご注意下さい。

プール熱の原因であるアデノウイルス、そしてノロウイルスは、膜をもたないノンエンベロープウイルスであります。

ノンエンベロープウイルスはアルコール製剤に抵抗があると言われています。

ノンエンベロープウイルスに関しては、関連記事をご一読下さい。

2023/10/31

異例 9月インフルエンザ流行期入り。大阪ではプール熱

ニュース

各地で学級閉鎖

今週に入り、各地でインフルエンザによる学級、学年閉鎖などが発生しています。

香川県では、9月1日にインフルエンザの流行入りとなり、2009年以来2番目の早さということです。

徳島県も9月7日にインフルエンザ流行を発表、こちらも2009年8月に流行入りした時以来ということです。

仙台市のインフルエンザ患者数は、過去5年と比べて180倍の患者数。

夏場のインフルエンザ患者数としては、鹿児島県が全国最多を記録していました。

こちらも時期としては異例でしたが、8月中旬以降減少傾向に…

また、新型コロナウイルスと同時流行も懸念され、埼玉県では県立高校5校が学校閉鎖、

患者数は5校合わせて500名以上との報道もあります。

夏休みが終わり学校が再開されたことで、集団感染が発生していますので、今後は子供からの家庭内感染にも気をつけて下さい。

大阪ではプール熱が流行

患者数が2007年以降初めての警報レベル基準の「3」を超えました。

夏風邪の一種、咽頭結膜熱と言われ、アデノウイルスが原因と言われております。

アデノウイルスはノンエベロープウイルスで、一般的にはアルコールに抵抗があると言われております。

また、症状が治まっても便にウイルスが排出されるため、おむつ交換台や、おむつ交換時には、気を配りジェスパを活用して2次感染防止にお役立て下さい。

2023/09/08

インフル注意報 RSウイルス感染者増加

ニュース

インフルエンザ注意報

ゴールデンウイーク明けから、各地でインフルエンザの集団感染が確認されています。

例年インフルエンザ、感染症胃腸炎(ノロウイルス)等の感染者数は、減少していく傾向ですが、今年は逆に増加している地域があります。

5月16日大分市内の高校で497人の感染、翌17日宮崎市が491人の集団感染、他東京都調布市内の小学校でも104人のインフルエンザ感染者数が確認されています。

現在、注意報が発令されている地域や、学級閉鎖も発生しています。

感染症胃腸炎 ノロウイルス

ノロウイルスが原因による感染症胃腸炎の感染者数も増加中です。5月に入り鳥取県・島根県の両県では、感染症胃腸炎の患者数が200件を超えていると報告があります。
5月18日茨城県保育園ノロウイルスにより36人。 
5月20日岐阜県の結婚式場ノロウイルスにより109人。
5月14日から24日にかけて、北海道旭川市保育所ノロウイルスにより19人
5月21日大分県宅配弁当店の弁当を食べた18人が発症、検査によりノロウイルスを検出。

RSウイルス 他感染症

RSウイルスも増加傾向です。
北海道札幌市では、定点一人あたりの感染者数が昨年同期比で、6倍以上を記録しています。
また、サルモネラ菌、腸管出血性大腸菌(Oー157)や、
マダニによる感染症も確認されています。
マダニは、都市部の公園にも生息していますので、ダニ除けスプレーや服装等に気を配りましょう。


レモングリーンDDの詳細はこちら

初めての方はアルミパックでお試し下さい。

無料サンプルは、お問い合わせページよりお申込み下さい。

※レモングリーンDDは手指除菌ではご使用できません、日常洗剤に除菌剤が配合されているタイプになります。

2023/05/31