ブログニュース

感染症ニュース(2018.09.18更新)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

9月に入り早速、インフルエンザによる集団感染が各地で発生しています。

集団感染してしまうと、事態が収まるまで時間がかかってしまいます。

学校や保育園などでは休業措置を取らざるを得ません。

こども達が安心して通い続けられるように、日頃から感染症対策を徹底して取り組みましょう。

 

■インフルエンザで今季初の学年閉鎖 茨城県

(2018.09.04 産経ニュース https://www.sankei.com/life/news/180904/lif1809040020-n1.html

茨城県は4日、水戸市立上中妻小(同市大塚町)でインフルエンザの集団発生があり、13人が発症した2年を同日から6日まで学年閉鎖にしたと発表した。茨城県内のインフルエンザによる臨時休業措置は今季初。

3年生5人も含め、同小全体では18人が発症している。入院者や重症者はいないという。

 

■山形県でインフルエンザの集団発生

(2018.09.11 産経ニュース https://www.sankei.com/life/news/180911/lif1809110031-n1.html

山形県は11日、上山市内の保育園でインフルエンザの集団発生があり、全園児130人のうち、10人がインフルエンザに罹患したと発表した。38度~40度の発熱があり、せき、関節痛などの症状が出ているという。

県内のインフルエンザの集団発生は昨年は11月28日で、今年は約2カ月以上も早い発生のため、今後感染の拡大が予想されることから、県は、手洗いの励行やマスクの着用など感染予防を呼びかけている。

 

■気温低下が影響か、インフルエンザで学級閉鎖

(2018.09.12 読売新聞 https://www.yomiuri.co.jp/national/20180912-OYT1T50019.html

福岡市は11日、インフルエンザで城南区の市立梅林中学校の1クラス(34人)が学級閉鎖したと発表した。市によると、市内の学校でインフルエンザによる学級閉鎖は今季初めてで、昨シーズンより約1か月早い。

市保健予防課によると、1年生の1クラスで10日、発熱などを訴えて8人が欠席し、同日午後から学級閉鎖とした。8人はインフルエンザA型と診断されたという。学級閉鎖は11日まで。

 同課は「この数日間で気温が下がったことが影響している可能性がある。手洗いやマスクの着用を心がけてほしい」としている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/19

食中毒ニュース (2018.09.11更新)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

■サバの塩焼きで幼児ら36人食中毒 大分の認定こども園

(2018.09.01  産経WEST https://www.sankei.com/west/news/180901/wst1809010060-n1.html 

大分県は1日、同県中津市の認定こども園でサバの塩焼きを食べた1~4歳の幼児33人と保育士3人の計36人が発疹などの症状を訴え、塩焼きから食中毒の原因となるヒスタミンを検出したと発表した。15人が市内の病院を受診したが、全員軽症で快方に向かっている。県は同園に、食材を衛生的に取り扱うよう文書指導した。

 県によると、8月31日午前11時ごろ、幼児ら計80人が給食でサバの塩焼きを食べた。約30分後、症状が現れ始めたという。サバは同日午前9時すぎに市内の鮮魚店から仕入れ、園内で調理した。

 

■群馬県安中市の保育施設 園児10人がO26に感染

(2018.09.6 livedoorニュース  http://news.livedoor.com/article/detail/15264287/

県は5日、安中市の保育施設で、園児計10人が腸管出血性大腸菌O26に集団感染したと発表した。

 入院した園児はおらず、全員が快方に向かっている。

 県によると、8月19日に1人目の園児が発症。その後、安中保健所が園児が所属する保育施設を調査した結果、今月5日までに9人の感染を確認した。10人は下痢や腹痛などの症状を訴えた。

 施設には、0~6歳の園児114人が所属。施設内では給食を提供していたが、感染経路は判明していない。保健所が手洗いの徹底を呼びかけるなど、感染拡大防止の指導を行っている。

 

■O26感染症集団発生 水戸市の保育園

(2018.09.7 産経ニュース  https://www.sankei.com/life/news/180907/lif1809070026-n1.html

茨城県は7日、ちゃいるどはうす保育園(水戸市笠原町)で、園児や保護者ら計11人が下痢や発熱などを訴える、腸管出血性大腸菌「O(オー)26」による感染症の集団発生があったと発表した。入院者や重症者はいない。

 県疾病対策課によると、7日までに0~4歳の園児8人と保護者ら3人への感染が確認された。給食などの食事による感染の可能性はないという。

 

■モスバーガーで食中毒、営業停止処分 小学生ら4人感染

(2018.09.10  朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL9B6VYTL9BUOOB00Y.html 

長野県上田保健所は10日、「モスバーガー アリオ上田店」(同県上田市)で、腸管出血性大腸菌O121による食中毒が発生したと発表した。同店での食事が食中毒の原因と判断し、同店を10日から3日間の営業停止処分とした。

 県によると、感染したのは長野、上田両市の小学生など計4人。下痢や腹痛などの症状で、うち3人は入院したが、いずれも快方に向かっているという。

 先月末から今月4日にかけ、県内の医療機関からO121に関する届け出が相次いだ。県の機関が調べたところ、今回感染が確認された4人には、8月20日に同店でハンバーガー類やポテトなどを食べたとの共通点が見つかったという。同店は今月8日から営業を自粛している。

 運営会社のモスフードサービスによると、「モスバーガー」が食中毒で営業停止となったのは、2004年に香川県の店舗でノロウイルスによる食中毒が発生して以来。同社は「重大に受け止め、発生原因の特定に取り組んでいる。再発防止策を講じ、一層の衛生管理を再徹底する」とのコメントを出した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/11