日別アーカイブ 2018年8月8日

お弁当の食中毒対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夏は、お弁当が傷みやすい季節です。

食中毒にならないために、お弁当の基本の食中毒対策をご紹介いたします。

 

 

■素手はNG

ごはんやおかずには素手で触れないようにしましょう。

手から移った細菌が、時間とともに増殖します。

おにぎりは素手で握らずに、ラップを使うと衛生的です。

 

■水気を切る

お弁当に水分は大敵です。おかずの汁気はよく切ってから詰めましょう。

特に、「おひたし」は水分を絞ったつもりでも汁気が残っていることがあります。

それを防ぐために、鰹節をかけると水分を吸収してくれます。

 

■冷やした物は再加熱

作り置きのおかずを詰めるときは、冷蔵庫に保存した物を使い、詰める前には必ず火を通しましょう。(レンジ可)

 

■冷めてからフタをする

ごはん、おかずはよく冷ましてからフタをしましょう。

温かいままお弁当に詰めてしまうと、水蒸気がお弁当箱の中に充満し、それだけ水分が多くなってしまいます。

 

 

お弁当の栄養や彩りをいくら気にしても、食中毒になってしまっては大変です。

これらの食中毒対策を行い、安全に美味しく楽しいお弁当にしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加