日別アーカイブ 2019年7月14日

手足口病が大流行しています!

乳幼児を中心に手足や口の中に発疹ができる「手足口病」が全国的に流行しています。

全国約3000の小児科定点医療機関が報告した直近1週間(6月24~30日)の小児患者数は計2万1000人に達しました。

国立感染症研究所によると、1医療機関あたりの患者数は6・7人で、過去10年で2011年に次ぐ勢いとなっています。

手足口病の特徴

・乳幼児がかかりやすい。

・初期症状・・・発熱(38℃程度)

・喉の痛みと発疹。

・手のひら、足の裏、口の中に発疹や水疱。

 →表皮の発疹・水疱による痒みは、冷やすのが効果的です。

 

※大人がかかると重症化の危険性アリ!

 大人の場合は、全身倦怠感、悪寒、関節痛、筋肉痛などの症状が出ることがあるのも特徴です。

感染経路

・咳、くしゃみなど(飛沫感染)

・タオルの共有など(接触感染)

 

※感染してしまった場合、回復後2〜4週間は、便からウイルスの排出がある為、便の処理には特に注意が必要です。

かかってしまった場合

・特効薬はありませんが、鎮痛剤や軟膏が処方されることがあります。

・こまめに水分補給をとりましょう。

・刺激のある食べ物や飲み物は避け、喉越しの良い冷たいものにする。(冷たいうどん、豆腐、ヨーグルトなど)

予防法

・せっけんを使って手洗い、うがい

 →オムツ交換時や排泄物処理時は念入りに!

・タオルなどは共用しない

・感染した人を看病する際は、必ずマスクを着用して接しましょう。

 

→感染対策に「殺菌料製剤ジェスパ」

このエントリーをはてなブックマークに追加